2017年9月30日土曜日

■『ピートルチュアブル錠250mg・500mg』

【商品名】
ピートルチュアブル錠250mg・500mg

【製造・販売】
キッセイ

【一般名】
スクロオキシ水酸化鉄

【概要】
ピートルは、スイス ビフォーファーマ社で創製され、キッセイ薬品工業で開発された高リン血症剤である。

≪薬理作用≫
  本剤の有効成分であるスクロオキシ水酸化鉄は、水酸化鉄()/スクロース/デンプン混合物である。
  本剤は、消化管内でスクロースとデンプンが消化された後、速やかに多核性の酸化水酸化鉄()を遊離する。多核性の酸化水酸化鉄()の水酸基および水和物とリン酸イオンが酸位子交換し、消化管からのリンの吸収を抑制することにより、血清リン濃度低下作用を示す。

≪特徴≫
  鉄化合物にはリン吸着能があり、中でも多核性の酸化水酸化鉄()は経口リン吸着剤として有望な候補物質であったが、吸着能が低下していくという課題があった。本剤は、多核性の酸化水酸化鉄()と炭水化物(スクロースおよびデンプン)からなる構造により安定化され、長期間保管後も高いリン吸着能を維持することが可能となった。
 なお、本剤は崩壊性のあるドーナツ型のチュアブル錠であり、口内で噛み砕いて服用する薬剤であるが、服用時に本剤に含まれる鉄により口内が一時的に着色(茶褐色)することがある。

【効能・効果】
透析中の慢性腎臓病患者における高リン血症の改善

【用法・用量】
通常、成人には、鉄として1250mgを開始容量とし、13回食直前に経口投与する。以後、症状、血清リン濃度の程度により適宜増減するが、最高用量は13000mgよする。

【薬価】
250mg:214.2
500mg:314.3



≪関連記事≫
■単剤投与してほしい注射剤
■ランサップ400とランサップ800の使い分けは!?
■アルロイドGを服用した後、水などをすぐに飲んでもいいのか!?
■PPI(プロトンポンプ阻害薬)vsH2ブロッカー(H2受容体拮抗薬) 比較
■胃薬っていっぱいあるけど、何が違うの!?
■胃全摘患者にビスフォスホネート製剤って投与可能なの!?


≪関連記事≫
■アルブミン製剤の使い分けは!?≪4.4%・5%と20%・25%アルブミン製剤≫
■アルブミン製剤の投与速度は!?
■低アルブミン血症患者に25%アルブミナーを投与後にラシックス(フロセミド)を投与するのは、なぜ!?
■アルブミン製剤の投与期間は!?


≪相互リンク≫

薬剤師の話
薬剤師のメモ帳
病院薬剤師日記

薬剤師の話:facebookページ

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。