2015年3月24日火曜日

■ユナシン-S注と後発品のユナスピン注では適応が違う。

現在、当院では、『ユナシン-S注』の後発品の『ユナスピン注』を使用しています。
今回下記のような事例がありました。

当院では後発品のユナスピン注を使用しています。

2013年10月頃より、ユナスピン注1回3g1日3回または1回3g1日4回投与が保険請求で1日6gまでとの返戻を受けるようになりました。

その後、重症感染症の適応をつけたり、詳記をDrに記載していただき、保険請求しましたが、やはり1日6gまででと返戻を受けました。

医薬品添付文書を確認すると、ユナシン-S注は重症感染症においては1回3g1日4回までの投与が認められていますが、後発品のユナスピン注では1回3g1日2回までで重症感染症の適応は認められていませんでした。

今さらですが、ユナシン-S注は先発品と後発品で適応が違うようです。
後発品には、重症感染症の適応(1回3g1日4回まで)がありませんでした。
 


≪相互リンク≫
にほんブログ村:薬・薬剤師ブログ
人気ブログランキング:薬剤師

2015年3月23日月曜日

■インフルエンザワクチンの効果発現と有効期間は!?

インフルエンザワクチンの効果の発現と持続期間には、個人差があります。
一般的には、インフルエンザワクチン接種後2週間目頃から5ヵ月間程度効果が持続するとされています。



≪相互リンク≫
にほんブログ村:薬・薬剤師ブログ
人気ブログランキング:薬剤師

2015年3月22日日曜日

■タバコと歯の関係

タバコと歯の関係について厚生労働省の出した調査結果についてです。
☆喫煙者で歯が20本以上の人
・40代90.7%
・50代71.5%
・70代22.2%
☆非喫煙者で歯が20本以上ある人
・40代92.6%
・50代88.1%
・70代32.3%
40歳以上の男性で喫煙しない人は喫煙している人と比べて歯が20本以上ある人の割合が高いことが発表されました。



≪相互リンク≫
にほんブログ村:薬・薬剤師ブログ
人気ブログランキング:薬剤師

2015年3月20日金曜日

■カリメート経口液の経管投与について

■カリメート経口液の経管投与について
▽経口液20%の希釈割合
1015mlを製剤25(1)に均一に混ぜると比較的少ない力で製剤を押し出せます。これより、希釈量が少ない場合は製剤を押し出す際に力が掛かるため、コネクターからの脱落に注意してください。

▽推奨されるチューブ径
12Fr(1014Fr)です。
これより細い管は希釈量を多めに、太い管は洗浄量を多めにすることが推奨されます。
Frで希釈なし〜希釈5mlでは、押し出す力が大きすぎて実用的でないと考えられます。水15mlで希釈すると約40秒かかります。

▽チューブ内の洗浄
12Frのチューブの場合、水1015mlを使用してチューブの内壁に付着した製剤を洗浄してください。

※腎不全患者は、水分制限を受けている場合が多いので、希釈量と洗浄量の和に注意ください。


各種陽イオンとイオン交換樹脂の親和性(Kの親和力を1とした際の比)
Na(0.54)NH²(0.66)K(1)Mg²(12.4)Ca²(16.7)

K交換量
in vitro
Na型レジン:1g当たり0.1100.135gのKと交換する
Ca型レジン:1g当たり0.0530.071gのKと交換する

in vivo(腎不全患者)
Na型レジン:1g当たり約1mEqKと交換する
Ca型レジン:1g当たり約1mEqKと交換する




≪関連記事≫
■GI療法(グルコース・インスリン療法)とは、
■ベルソムラは、一包化・粉砕・簡易懸濁法が可能!?
■カリメート散は、注入時どのような投与方法を行えばチューブに詰まりにくく投与できますか?

■カリメート経口液の経管投与について

2015年3月15日日曜日

■低アルブミン血症患者に25%アルブミナーを投与後にラシックス(フロセミド)を投与するのは、なぜ!?

アルブミンは、正常人血漿蛋白の約60%を占める最も多い蛋白で、血漿膠質浸透圧の醫亊に寄与しています。
25%アルブミナー50mlは、人血漿アルブミン濃度を4mg/mlとすると約6倍に濃縮されており、投与することにより、血中の膠質浸透圧を高めて組織中の体液を血管中に移行させます。
その結果、循環血漿量を正常化します。
血中アルブミン値が低いと浸透圧を保つために血管内の水分は、血管外へ移行します。
そこにアルブミナーを投与すると血管外に移行していた水分は、血管内に引き戻されます。
さらに利尿左葉のあるラシックス(フロセミド)を投与することによって、腎尿細管での再吸収が抑えられ、膠質浸透圧が上昇し、効率的に浮腫・胸水・腹水などの減少がみられます。

最初にラシックスで利尿をはかっても主に血管内の水分が出てくるだけで、血管内は脱水状態だが、浮腫はあまり改善しないという状況になります。
アルブミナーを投与し、水分を血管内に引っ張りだし、その後に利尿をかけてやることにより、効率よく浮腫を改善することが期待できます。



≪関連記事≫
■アルブミン製剤の使い分けは!?≪4.4%・5%と20%・25%アルブミン製剤≫
■アルブミン製剤の投与速度は!?
■献血ノンスロンの投与速度は!?
■低アルブミン血症患者に25%アルブミナーを投与後にラシックス(フロセミド)を投与するのは、なぜ!?
■アルブミン製剤の投与期間は!?
■アルブミンとγ-グロブリン(ガンマグロブリン)の寿命はどれくらいですか!?

■骨は絶えず作り替えられている!?

骨は硬く丈夫であり、一度作られるとそのままというイメージを持たれがちです。
しかし、骨は新陳代謝を繰り返し、日々作り替えられています。

≪骨吸収≫
古い骨を壊す作用があるのは破骨細胞で、破骨細胞によって骨が壊されることを骨吸収といいます。吸収とはいいますが、骨がカルシウムを吸収するのではなく、骨からカルシウムが溶け出し、骨が壊されていくことを意味します。

≪骨形成≫
新しい骨を作る作用があるのは、骨芽細胞といいます。骨が壊されるとそこに骨芽細胞が取りつき、新しい骨が作られていきます。これを骨形成といいます。

骨吸収と骨形成を相互に繰り返すことで、骨は常に新しく作り替えられています。こうした骨代謝のことを骨のリモデリングといいます。

正常な骨は、骨吸収と骨形成のバランスが保たれているので、骨量は基本的に一定です。しかし、何かの原因でこのバランスが崩れ、骨量が減少すると骨が弱く、脆くなっていきます。
この病態が骨粗鬆症です。




≪関連記事≫
■単剤投与してほしい注射剤
■ランサップ400とランサップ800の使い分けは!?
■アルロイドGを服用した後、水などをすぐに飲んでもいいのか!?
■PPI(プロトンポンプ阻害薬)vsH2ブロッカー(H2受容体拮抗薬) 比較
■胃薬っていっぱいあるけど、何が違うの!?
■胃全摘患者にビスフォスホネート製剤って投与可能なの!?


≪関連記事≫
■アルブミン製剤の使い分けは!?≪4.4%・5%と20%・25%アルブミン製剤≫
■アルブミン製剤の投与速度は!?
■低アルブミン血症患者に25%アルブミナーを投与後にラシックス(フロセミド)を投与するのは、なぜ!?
■アルブミン製剤の投与期間は!?

2015年3月13日金曜日

■厚生局 施設基準 適時調査 薬剤部門 後発品使用体制加算 薬剤管理指導業務 質問事項と対応

▽後発品使用体制加算
・薬局の組織図を見せてください。
⇒副診療部に属しています(病院の組織図確認)
・医薬品の安全性や有効性などは、どのようにして検討していますか!?
⇒情報収集後、薬事委員会で検討しています。
・医薬品の安全性や有効性の情報は、どのようにして得ていますか!?
⇒主にインターネットから情報収集しています。他には、必要な情報は、製薬メーカーに依頼したりしています。
・得た情報をどのようにして集約していますか!?
⇒収集した情報は、DI情報としてまとめ、薬事委員会で情報提供しています。新規採用薬などについての情報は、医薬品採用申請書に集約しています(医薬品採用申請書・DI情報確認)。知り得た情報は、DI日誌に記載しています(DI日誌確認)
・薬事委員会の規定を見せてください。
⇒はい、わかりました(薬事委員会の規定確認)
・薬事委員会の会議録を見せてください。
⇒はい、わかりました(薬事委員会の会議録確認)
・医薬品の安全使用のための業務手順書を見せてください。
⇒はい、わかりました(医薬品安全使用のための業務手順書とチェックリスト確認)
・後発医薬品の採用割合を見せてください。
⇒はい、わかりました(後発品の採用割合確認)
・採用している医薬品のリストを見せてください。
⇒はい、わかりました(先発品と後発品を区別した採用している医薬品リスト確認)
・後発品採用率の書類は、2014331日の前が、201371日ですが、毎月計算していますか!?
⇒一番新しい物が、2014331日時点のものです。採用医薬品リストとしては、毎年3月と7月に出しています。
・後発品採用率は、毎月採用率が基準を満たしておかなければいけません。
⇒紙には出してませんが、毎月のデータは、薬局のパソコンの中に入っています。持ってきましょうか。
・データとしてあり、取り出せるのでしたら、大丈夫です。
⇒これからは、毎月のデータも整えておきます。
・後発品加算①は、採用率が30%を下回ると算定できませんので、よろしくお願いします。
⇒はい、わかりました。

▽薬剤管理指導業務
・薬剤管理指導記録を見せてください。
⇒はい、わかりました(入院カルテの薬剤管理指導記録を見せる)
・指導記録などの原本は、カルテに挟んであるのですね!?
⇒はい、そうです。
・医薬品情報管理室はありますか!?
⇒あります。
DI室の配置図変更届は提出されましたか!?
⇒すいません、確認したところ、保健所には変更届を提出していたのですが、厚生局には変更届を提出していませんでした。申し訳ありません。
DI室の場所の変更届を提出してください。
⇒了解しました。
・DI担当者の割り振りはどうなっていますか!?
⇒勤務表で毎日DI担当者を決めて行っています(薬局勤務表確認)。DI担当者は、DI担当のPHSを持ち歩き、いつでも情報に問い合わせできるような体制を整えています。
・医薬品の情報はどのようにして周知していますか!?
⇒毎月発行される医薬品安全性情報については、薬剤部と医局の分をファイルに綴じていっています(配信している医薬品安全性情報確認)。DIニュースは、月に1回医薬品に関わる部署に配信しています(DIニュース確認)。また緊急安全性情報や安全性速報などについては、情報が入り次第翌日の医局会でDrに情報提供しています。また緊急安全性情報と安全性速報については、薬局と医局と医療安全部にファイルに綴じ配置しています(緊急安全性情報・安全性速報確認)

▽その他
・注射は、緊急上やむをえない場合を除き。その都度発行していますか!?
⇒はい、緊急の場合を除き、基本的にはその都度発行しています。
・薬剤師の従事者の変更届は提出されていますか!?
⇒すいません、従事者の変更届は提出していませんでした。
・今後は、薬剤師の従事者が変更になる度に、従事者変更届をその都度提出してください。
⇒了解しました。



≪相互リンク≫
にほんブログ村:薬・薬剤師ブログ
人気ブログランキング:薬剤師
 



2015年3月12日木曜日

■夜尿症・中枢性尿漏症治療薬:ミニリンメルトOD錠

≪販売名≫

ミニリンメルトOD錠60μg・120μg・240μg
 
≪成分名≫
デスモプレシン酢酸塩水和物
 
≪効能・効果≫
・尿浸透圧あるいは尿比重の低下に伴う夜尿症
・中枢性尿漏症
※用量による適応の有無
効能・効果
60μg
120μg
240μg
夜尿症
中枢性尿漏症

≪用法・用量≫
・尿浸透圧あるいは尿比重の低下に伴う夜尿症
通常、11回就寝前にデスモプレシンとして120μgから経口投与し、効果不十分な場合は、11回就寝前にデスモプレシンとして240μgに増量することができる。
 
・中枢性尿崩症
通常、デスモプレシンとして160120μgを113回経口投与する。投与量は、患者の飲水量、尿量、尿比重、尿浸透圧により適宜増減するが、1回投与量は240μgまでとし、1日投与量は720μgを超えないこと。
 
≪デスモプレシンへの換算量≫
ミニリンメルト120が、デスモプレシンスプレー10と同等である。
 
≪注意点≫
・夜尿症治療における水分摂取管理の重要性を考慮し、本剤は水なしで飲むこと。
口の中(舌下)にいれると速やかに溶ける。

≪作用機序≫
パソプレシンV2受容体に選択的に結合し、抗利尿作用を示す。
 
≪警告≫
デスモプレシン酢酸塩水和物を夜尿症に対し使用した患者で重篤な低ナトリウム血症による痙攣が報告されていることから、患者及びその家族に対して、水中毒(低ナトリウム血症)が発現する場合があること、水分摂取管理の重要性について十分説明・指導すること。
 
≪禁忌≫
(次の患者には投与しないこと)
1. 低ナトリウム血症の患者[低ナトリウム血症を増悪させるおそれがある。]
2. 習慣性又は心因性多飲症の患者(尿生成量が40mL/kg/24時間を超える)[低ナトリウム血症が発現しやすい。]
3. 心不全の既往歴又はその疑いがあり利尿薬による治療を要する患者[低ナトリウム血症が発現しやすい。]
4. 抗利尿ホルモン不適合分泌症候群の患者[低ナトリウム血症が発現しやすい。]
5. 中等度以上の腎機能障害のある患者(クレアチニンクリアランスが50mL/分未満)[血中半減期の延長、血中濃度の増加が認められる。]
6. 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
 
≪副作用≫
脳浮腫、昏睡、痙攣などを伴う重篤な水中毒が現れることがあるので、過量な水分の摂取には十分注意し、異常が認められた場合には投与の中止・水分摂取の制限・対症療法など、患者の状況に応じて処置すること。
 
≪ミニリンメルトOD錠の特徴≫
▽口腔内(舌下)、消化管の両方から吸収される。
ただし、デスモプレシンはペプチドであるため消化管で分解されるので、規格はスプレーに比べてかなり大きくなっている。
舌下から吸収されたものと、消化管での分解を免れて吸収されたものが効果をあらわすことになる。
舌下で、錠剤を溶かし、溶けてから飲み込むように指導する。

▽水無しで飲むこと。
投与後23時間前から翌朝までの水分摂取はコップ1杯程度にすること。
水中毒を避けるため、水を飲み過ぎた時は使用しないように指導する。
 
▽デスモプレシンスプレーに比べてミニリンメルトOD錠は、吸収のバラつきが少ない。スプレーだと花粘膜の状態によって吸収に差が出ることがある。アレルギー性鼻炎・花粉症の場合、吸収が低下しやすい。
 
▽無味無臭である。
 
▽作用持続時間は711時間で、睡眠時間に近い。
 
▽食直後の服用は吸収を低下させる可能性があるので、なるべく避ける。
 
≪デスモプレシンについて≫
▽夜間尿量、夜尿日数を減少させる。単独治療で多尿型夜尿症に対し70%の有効率。

▽効果判定は、投与24ヶ月後を目安に行う。
効果が得られれば継続投与するが、夜尿症は自然治癒が期待されるため3ヶ月ごとに12週間の休薬期間を置き、この間の夜尿頻度を確認する。
その結果によって継続するか否かの判断を行う。
多くの場合、6ヶ月から1年以上の投与が必要となる。

▽中止する場合には、段階的(隔日投与)で行う。
 


≪相互リンク≫
にほんブログ村:薬・薬剤師ブログ
人気ブログランキング:薬剤師
 
 

 

2015年3月1日日曜日

■リン吸着薬の比較




一般名

(製品名)

塩酸セベラマー

(レナジェル)

(フォスブロック)

炭酸カルシウム

(カルタン)

炭酸ランタン

(ホスレノール)

錠剤

250mg

250mg

500mg

250mg

500mg

錠数

(規格)

412/1

500mg錠

24/1

250mg錠

13/1

リン低下効果の目安

6000mg/

3000mg/

1500mg/

石灰化リスク

低い

あり

低い

主な副作用

便秘・便秘増悪(38)

異所性石灰化の報告あり

嘔吐(12.5)

悪心(10.2)



≪相互リンク≫
にほんブログ村:薬・薬剤師ブログ
人気ブログランキング:薬剤師