2017年9月8日金曜日

■『ジスロマックSR成人用ドライシロップ2g』の特徴と注意点

【用法・用量】
成人には、アジスロマイシンとして、2(力価)を用時水で懸濁し、空腹時に1回経口投与する。

【用法・用量に関連する使用上の注意】
①本剤の使用にあたっては、耐性菌の発現を防ぐため、原則として感受性を確認すること。
②外国の臨床試験における体内動態試験の成績から、本剤2(力価)を単回経口投与することにより、感受性菌に対して有効な組織内濃度が約7日間持続することが予測されているので、治療に必要な投与回数は1回とする。
③本剤は、食後2時間以上の空腹時に服用する。服用後は、次の食事を2時間以上控えること。
④本剤を懸濁する際は、容器の目盛りを目安に適量の水(60ml)で十分に振とうした後、速やかに服用すること。また、本剤を完全に服用すること。

※ジスロマックSR医薬品添付文書参考



≪関連記事≫
■単剤投与してほしい注射剤
■ランサップ400とランサップ800の使い分けは!?
■アルロイドGを服用した後、水などをすぐに飲んでもいいのか!?
■PPI(プロトンポンプ阻害薬)vsH2ブロッカー(H2受容体拮抗薬) 比較
■胃薬っていっぱいあるけど、何が違うの!?
■胃全摘患者にビスフォスホネート製剤って投与可能なの!?


≪関連記事≫
■アルブミン製剤の使い分けは!?≪4.4%・5%と20%・25%アルブミン製剤≫
■アルブミン製剤の投与速度は!?
■低アルブミン血症患者に25%アルブミナーを投与後にラシックス(フロセミド)を投与するのは、なぜ!?
■アルブミン製剤の投与期間は!?

≪関連記事≫
■脂肪乳剤は、基本末梢投与です。
■イントラリポス保険請求切られました!!
■脂肪乳剤投与の役割

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。