2017年10月22日日曜日

■SMBGとCGMの違いは!?

SMBGself-monitoring of blood glucose
穿刺採血を行い、血液より血糖値を 1日数回内の測定ポイントにて測定する。

CGMcontinuous glucose monitoring
皮膚より体液(組織間液)を吸引してそこに含まれるブドウ糖を持続測定する。


2017年10月20日金曜日

■輸液ルートと環境ホルモン

 環境ホルモンとは、正しくは『外因性内分泌攪乱化学物質』というもので、ヒトや野生動物の内分泌の作用を乱し、生殖機能などを阻害する可能性のある環境化学物質のことをいいます。

 輸液用のルートのほとんどは、ポリ塩化ビニル(PVC:Poly vinyl Chloride)でできています。このポリ塩化ビニルを柔軟にするための可塑剤として、DEHP(ジエチルヘキシルフタレート)と呼ばれる物質がよく用いられていますが、この物質が抗がん剤や免疫抑制剤などの一部の薬剤と反応し、環境ホルモンとして溶け出してしまうことがあります。

 この環境ホルモンが人体に及ぼす影響ははっきりとは解明されておらず、まだ不明な点が多いのが現状です。特に急性や毒性の報告例はほとんどなく、現時点で懸念されている点は長期間体内に入り続けることによる長期毒性です。動物実験では精巣や生殖機能に影響を与える例が報告されており、また直接的には肝機能障害を引き起こすと言われています。
 
 特に輸液ルートから環境ホルモンを溶けださせる薬物として抗がん剤と脂肪乳剤などがあり、これらはDEHPの溶出量が多いと言われています。抗がん剤のパクリタキセルはポリ塩化ビニル製の点滴ルートを溶かすことすらあります。
 こうした薬を使用する場合は、通常DEHPが用いられていない輸液ルートを選択します。


2017年10月18日水曜日

■不眠症の受診勧奨の目安

【消費者の状態】
・慢性的な不安やうつ状態が続いている⇒精神疾患の可能性
・痛み、痒み、咳、頻尿など身体的不調による不眠が続いている⇒身体疾患の可能性
・ドパミン系薬、昇圧薬、ステロイド薬、インターフェロン製剤などを服用している⇒薬剤性睡眠障害の可能性
1週間以上不眠症状が続いている⇒医師による診断と治療が必要。
・十分な睡眠をとっていても、昼間に突然眠気に襲われ居眠りしてしまう。


2017年10月17日火曜日

■『器の小さい人』に見られないようにするには、

人間力を構成している要素は、信頼と尊敬と意欲。
『あの人は、器が大きい』とみられるためには、

①方向性を語ること。会社組織においては、経営理念や長期計画を構築し、指し示すこと。
②それに基づく戦略や戦術を立案する際、自分の部門だけでなく、全社的視野に立つ。
③決定事項を素早く断行する。
④関与させること。
⑤権限移譲すること。目標を策定するプロセスに部下を参画させて、意見を聞きながら、落としどころに持っていく。そして、目標が定まったら目一杯任せる。
⑥責任:実行責任と結果責任。
⑦感情を抑制すること。
自分をコントロールできずに、部下を説得し、納得させることはできない。



■落ち着いた心を保つ思考パターン

▽陽気に明るく考え行動する。
どんな状況でも楽しい、ありがたいと思って物事に取り組めば、自然と楽しくなる。つまらない、惨めだと思えば不満だらけになる。常にプラスの面に注目する。

▽対抗意識や憎しみに囚われない。
敵やライバルに対抗意識を燃やすことは、自分の感情を相手に支配させているのと同じ。嫌いな人のことを考える必要などない。

▽感謝されないことを気にしない。
感謝の念とは、後天的なものであり、誰もが普通に抱くわけではない。

▽困難や苦しみを数えず、恩恵を数える。
足りないものを数えるのではなく、当たり前のように自分にあるものを見直し、それを数える。自分に備わっているものをみずに、欠けているもののことばかり考えると悩みは尽きない。

▽自分を知り、自分自身であろうとする。
人の真似をしようとすると苦しくなる。人は誰でも個性的なものだと、自分に自信を持つ。

▽不運に見舞われた時は、嘆くよりもそこから学ぶ。
不運に面したら嘆くのではく、ここからどんな教訓が得られるのだろう、どうしたら状況がかいぜんするだろうと考える。逆境の時こそ自分を鍛えるチャンスだと考える。

▽他人に関心を持ち、自分のことを考える時間を減らす。
自分の利益ばかり考えるから不平不満でイライラする。毎日、誰かに喜んでもらえるような善行を心掛け、自分のことを忘れれば心は安定する。


■妊婦に禁忌のワクチン

 妊娠中に禁止されているワクチンには、風疹・おたふくかぜ・水痘などの生ワクチンがあります。
 破傷風トキソイドやインフルエンザワクチンなどの不活化ワクチンは妊娠中でも接種しても安全と考えられています。
 しかし不活化ワクチンも理論的なリスクがないわけではありませんので、今後さらなる検討が必用です。


2017年10月16日月曜日

■献血ポリグロビンN10%静注の特徴

 献血ポリグロビンN10%は、IgG(人免疫グロブリン)濃度が、献血ポリグロビンN5%の2倍の製剤です。
 同量のIgGを投与する場合、5%製剤と比べて10%製剤は投与量が1/2となるため、循環負荷の軽減に繋がります。また、投与にかかる時間も短縮でき、患者さんのQOL向上に貢献されます。


■高P血症の原因疾患

腎臓からのPの排泄低下
・腎不全
・副甲状腺機能低下症
・偽性副甲状腺機能低下症
・末端肥大症
・甲状腺機能亢進症
・腫瘍による石灰化
 
Pの過剰摂取
Pを含有する便秘薬の服用
Pの静脈内投与
・ビタミンD製剤による腸管からのPの過剰吸収

Pの細胞内外での分布変化
・細胞破壊
・腫瘍融解症候群
・悪性症候群
・横紋筋融解症
・呼吸性アシドーシス
・糖尿病性ケトアシドーシス


■アルプロスタジル注の投与ルートは、非吸着型ですか!?

アルプロスタジルは脂肪乳剤含有の為に、非吸着型のルートを使用するようメーカーより回答あり。



≪関連記事≫
■単剤投与してほしい注射剤
■ランサップ400とランサップ800の使い分けは!?
■アルロイドGを服用した後、水などをすぐに飲んでもいいのか!?
■PPI(プロトンポンプ阻害薬)vsH2ブロッカー(H2受容体拮抗薬) 比較
■胃薬っていっぱいあるけど、何が違うの!?
■胃全摘患者にビスフォスホネート製剤って投与可能なの!?


≪相互リンク≫
薬剤師の話
薬剤師のメモ帳
病院薬剤師日記

薬剤師の話:facebookページ

2017年10月13日金曜日

■社会不安障害(SAD)について

 社会不安障害(Social Anxiety Disorder:SAD)は、人前で不安や恐怖を過大に感じ、次第にその場面を避けようとする疾患です、発症年齢が10歳半ばと早く、不安障害やうつ病、アルコール依存等の精神疾患が多く併存します。
 長年にわたり日常の社会生活が障害され、進学、就業、昇進、結婚等に大きな影響を及ぼします。
 SADは自然治癒が困難なため、早期にSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)等による治療を行うことが重要です。

2017年10月11日水曜日

■『サーバリックス』接種の継続に問題なし!!

201678日】
 厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会と薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会安全対策調査会の合同会議が開かれ、子宮頸がん予防ワクチン『サーバリックス』接種後死亡例が1件報告されたことから、因果関係に関する調査を継続していた件について、ワクチン接種と死亡の因果関係が認められず接種を継続することに問題ないと結論付けられた。