2017年9月16日土曜日

■葛根湯が肩こりに効く理由は!?

肩こり、背中、首の痛みは大きく二つの理由が、考えられます。
・血行不良によるもの(肩こりなど)
・炎症を起こしているもの(寝違えなど)

葛根湯が肩こりに効くのは、血行をよくしてくれる効果からです。
肩こりは血流が滞り、筋肉のこわばりなどが原因です。
血行をよくすることで肩こりを改善します。

【葛根湯が肩こりに効く理由】
葛根湯は漢方の一種です。
葛根湯が肩こりに効く理由は、葛根・麻黄・桂枝などが使用されているからです。
葛根湯に配合される葛根・麻黄・桂枝には、肩こりの解消に効果的な働きが期待できます。
葛根には筋肉の緊張を和らげる筋弛緩作用が、麻黄と桂枝には汗を出す発散作用が、さらに桂枝には血行を促進する血行促進作用が期待できます。
筋肉の緊張緩和・発汗作用・血行促進が期待できる。
これらの働きにより葛根湯は肩こりの解消に有効な漢方薬と考えられているのです。
 
【葛根湯を飲むタイミングはいつがいい!?】
特に、肩こりが気になりだした時に服用すると高い効果を発揮すると言われています。



≪関連記事≫
■単剤投与してほしい注射剤
■ランサップ400とランサップ800の使い分けは!?
■アルロイドGを服用した後、水などをすぐに飲んでもいいのか!?
■PPI(プロトンポンプ阻害薬)vsH2ブロッカー(H2受容体拮抗薬) 比較
■胃薬っていっぱいあるけど、何が違うの!?
■胃全摘患者にビスフォスホネート製剤って投与可能なの!?


≪関連記事≫
■アルブミン製剤の使い分けは!?≪4.4%・5%と20%・25%アルブミン製剤≫
■アルブミン製剤の投与速度は!?
■低アルブミン血症患者に25%アルブミナーを投与後にラシックス(フロセミド)を投与するのは、なぜ!?
■アルブミン製剤の投与期間は!?

≪関連記事≫
■脂肪乳剤は、基本末梢投与です。
■イントラリポス保険請求切られました!!
■脂肪乳剤投与の役割


≪相互リンク≫

薬剤師の話
薬剤師のメモ帳
病院薬剤師日記

薬剤師の話:facebookページ
にほんブログ村:薬・薬剤師ブログ

人気ブログランキング:薬剤師

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。