2017年8月29日火曜日

■ジプレキサ経口剤(錠、細粒1%、ザイディス錠)の『抗悪性腫瘍剤投与に伴う消化器症状(悪心・嘔吐)』の効能・効果について保険請求できるようになりました。

 ジプレキサ経口剤(オランザピン)は、医療上の必要性の高い未承認薬・適応外薬検討会議において検討されていた『抗悪性腫瘍剤(シスプラチンなど)投与に伴う消化器症状(悪心・嘔吐)』の効能・効果について201769日の薬事・食品衛生審議会の医薬品第一部会において、公知申請を行っても差し支えないとされました。
 公知申請が受理された適応外薬については、保険外併用療養費制度の評価療養として保険診療との併用が可能となります。また、薬事・食品衛生審議会において公知申請を行っても差し支えないと事前評価された医薬品ついては、薬事承認前であっても保険適用可能となります。

【一般名】
オランザピン

【販売名】
ジプレキサ経口剤(錠、細粒1%、ザイディス錠)
※なお、本効能・効果は、ジプレキサ経口剤(錠、細粒1%、ザイディス錠)に対するものとなり、ジプレキサ筋注用10mgは適応外となります。

【追記される予定の効能・効果】
抗悪性腫瘍剤(シスプラチン等)投与に伴う消化器症状(悪心・嘔吐)

【追記される予定の用法・用量】
<抗悪性腫瘍剤の投与に伴う消化器症状(悪心・嘔吐)に対して使用する場合>
他の制吐剤との併用において、通常、成人にはオランザピンとして5mgを11回経口投与する。なお、患者の状態により適宜増量するが、1日量は10mgを超えないことされている。

【効能・効果に関連する使用上の注意】
<抗悪性腫瘍剤の投与に伴う消化器症状(悪心・嘔吐)に対して使用する場合>
本剤は、強い悪心、嘔吐が生じる抗悪性腫瘍剤(シスプラチン等)の投与の場合に限り使用すること。

【用量・用法に関連する使用上の注意】
<抗悪性腫瘍剤の投与に伴う消化器症状(悪心・嘔吐)に対して使用する場合>
・本剤は、原則としてコルチコステロイド、5-HT3受容体拮抗薬、NK1受容体拮抗薬などと併用して使用する。なお、併用するコルチコステロイド、5-HT3受容体拮抗薬、NK1受容体拮抗薬などの用法・用量については、各々の薬剤の添付文書など、最新の情報を参考に、投与すること。
・原則として抗悪性腫瘍剤の投与前に本剤を投与し、癌化学療法の各クールにおける本剤の投与期間は6日間までを目安とすること。

平成2969日付 薬生薬審発06094号、薬生安発06091号 参考、引用、一部改変


≪関連記事≫
■単剤投与してほしい注射剤
■ランサップ400とランサップ800の使い分けは!?
■アルロイドGを服用した後、水などをすぐに飲んでもいいのか!?
■PPI(プロトンポンプ阻害薬)vsH2ブロッカー(H2受容体拮抗薬) 比較
■胃薬っていっぱいあるけど、何が違うの!?
■胃全摘患者にビスフォスホネート製剤って投与可能なの!?


≪関連記事≫
■アルブミン製剤の使い分けは!?≪4.4%・5%と20%・25%アルブミン製剤≫
■アルブミン製剤の投与速度は!?
■低アルブミン血症患者に25%アルブミナーを投与後にラシックス(フロセミド)を投与するのは、なぜ!?
■アルブミン製剤の投与期間は!?

≪関連記事≫
■脂肪乳剤は、基本末梢投与です。
■イントラリポス保険請求切られました!!
■脂肪乳剤投与の役割


≪相互リンク≫

薬剤師の話
薬剤師のメモ帳
病院薬剤師日記

薬剤師の話:facebookページ
にほんブログ村:薬・薬剤師ブログ

人気ブログランキング:薬剤師

2017年8月26日土曜日

■クラビット(レボフロキサシン)点滴静注と経口剤の体内動態はほぼ同じ!?

【クラビット(レボフロキサシン)の体内動態】

▽クラビット点滴静注
Tmax1.00±0.00hr
T1/28.05±1.54hr
・排泄:72時間までの未変化体の尿中排泄率は、93.9

▽クラビットの経口剤(500mg
Tmax0.99±0.54hr
T1/27.89±1.04hr
・排泄:72時間までの未変化体の尿中排泄率は、83.76


クラビット点滴静注と経口剤の体内動態はほぼ同様です。



≪関連記事≫
■単剤投与してほしい注射剤
■ランサップ400とランサップ800の使い分けは!?
■アルロイドGを服用した後、水などをすぐに飲んでもいいのか!?
■PPI(プロトンポンプ阻害薬)vsH2ブロッカー(H2受容体拮抗薬) 比較
■胃薬っていっぱいあるけど、何が違うの!?
■胃全摘患者にビスフォスホネート製剤って投与可能なの!?


≪関連記事≫
■アルブミン製剤の使い分けは!?≪4.4%・5%と20%・25%アルブミン製剤≫
■アルブミン製剤の投与速度は!?
■低アルブミン血症患者に25%アルブミナーを投与後にラシックス(フロセミド)を投与するのは、なぜ!?
■アルブミン製剤の投与期間は!?

≪関連記事≫
■脂肪乳剤は、基本末梢投与です。
■イントラリポス保険請求切られました!!
■脂肪乳剤投与の役割


≪相互リンク≫

薬剤師の話
薬剤師のメモ帳
病院薬剤師日記

薬剤師の話:facebookページ
にほんブログ村:薬・薬剤師ブログ

人気ブログランキング:薬剤師

2017年8月25日金曜日

■麻薬の投薬期間制限≪投薬量又は投与量が30日分を限度とされている麻薬一覧:2017.7≫

≪投薬量又は投与量が30日分を限度とされている麻薬一覧:2017.7
・アンペック注10mg、50mg、200mg
・アンペック坐剤10mg、20mg、30mg
・MSコンチン錠10mg、30mg、60mg
・MSツワイスロンカプセル10mg、30mg、60mg
・オキシコドン錠2.5mg、5mg、10mg、20mg
・オキシコドン徐放錠5mg、10mg、20mg、40mg
・オキシコドン徐放カプセル5mg、10mg、20mg、40mg
・オキシコンチン錠5mg、10mg、20mg、40mg
・オキノーム散2.5mg、5mg、10mg、20mg
・オプソ内服液5mg、10mg
・カディアンカプセル20mg、30mg、60mg
・コデインリン酸塩原末
・コデインリン酸塩散10
・コデインリン酸塩錠20mg
・コデインリン酸塩水和物原末
・ジヒドロコデインリン酸塩原末
・ジヒドロコデインリン酸塩散10
・デュロテップMTパッチ2.1mg、4.2mg、8.4mg、12.6mg、16.8mg
・パシーフカプセル30mg、60mg、120mg
・ピーガード錠20mg、30mg、60mg、120mg
・フェンタニル注射液0.1mg、0.25mg、0.5mg
・フェンタニル1日用テープ0.84mg、1.7mg、3.4mg、5mg、6.7mg
・フェンタニル3日用テープ2.1mg、4.2mg、8.4mg、12.6mg、16.8mg
・フェントステープ1mg、2mg、4mg、6mg、8mg
・プレペノン注50mg、100mgシリンジ
・モルヒネ塩酸塩錠10mg
・モルヒネ塩酸塩水和物原末
・モルヒネ塩酸塩注射液10mg、50mg、200mg
・モルペス細粒2%、6
・ワンデュロパッチ0.84mg、1.7mg、3.4mg、5mg、6.7mg



≪関連記事≫
■単剤投与してほしい注射剤
■ランサップ400とランサップ800の使い分けは!?
■アルロイドGを服用した後、水などをすぐに飲んでもいいのか!?
■PPI(プロトンポンプ阻害薬)vsH2ブロッカー(H2受容体拮抗薬) 比較
■胃薬っていっぱいあるけど、何が違うの!?
■胃全摘患者にビスフォスホネート製剤って投与可能なの!?


≪関連記事≫
■アルブミン製剤の使い分けは!?≪4.4%・5%と20%・25%アルブミン製剤≫
■アルブミン製剤の投与速度は!?
■低アルブミン血症患者に25%アルブミナーを投与後にラシックス(フロセミド)を投与するのは、なぜ!?
■アルブミン製剤の投与期間は!?

≪関連記事≫
■脂肪乳剤は、基本末梢投与です。
■イントラリポス保険請求切られました!!
■脂肪乳剤投与の役割


≪相互リンク≫

薬剤師の話
薬剤師のメモ帳
病院薬剤師日記

薬剤師の話:facebookページ
にほんブログ村:薬・薬剤師ブログ

人気ブログランキング:薬剤師

■麻薬の投薬期間制限≪投薬量又は投与量が14日分を限度とされている麻薬一覧:2017.7≫

≪投薬量又は投与量が14日分を限度とされている麻薬一覧:2017.7
・アブストラル舌下錠100μg、200μg、400μg
・アヘン末
・アヘン散
・アヘンチンキ
・イーフェンバッカル錠50μg、100μg、200μg、400μg、600μg、800μg
・オキファスト注10mg、50mg
・オピスタン原末
・コカイン塩酸塩原末
・タペンタ錠25mg、50mg、100mg
・ドーフル散
・ナルサス錠2mg、6mg、12mg、24mg
・ナルラピド錠1mg、2mg、4mg
・パビナール注
・パンオピン
・メサペイン錠5mg、10mg
・メテバニール錠2mg



≪関連記事≫
■単剤投与してほしい注射剤
■ランサップ400とランサップ800の使い分けは!?
■アルロイドGを服用した後、水などをすぐに飲んでもいいのか!?
■PPI(プロトンポンプ阻害薬)vsH2ブロッカー(H2受容体拮抗薬) 比較
■胃薬っていっぱいあるけど、何が違うの!?
■胃全摘患者にビスフォスホネート製剤って投与可能なの!?


≪関連記事≫
■アルブミン製剤の使い分けは!?≪4.4%・5%と20%・25%アルブミン製剤≫
■アルブミン製剤の投与速度は!?
■低アルブミン血症患者に25%アルブミナーを投与後にラシックス(フロセミド)を投与するのは、なぜ!?
■アルブミン製剤の投与期間は!?

≪関連記事≫
■脂肪乳剤は、基本末梢投与です。
■イントラリポス保険請求切られました!!
■脂肪乳剤投与の役割


≪相互リンク≫

薬剤師の話
薬剤師のメモ帳
病院薬剤師日記

薬剤師の話:facebookページ
にほんブログ村:薬・薬剤師ブログ

人気ブログランキング:薬剤師